2.宮城県北部連続地震の概要 7 月26 日未明から、宮城県北部(仙台市の東北部)で震度6 強、震度6 弱の強い地震に 見舞われた。今回の地震は太

宮城 県 北部 連続 地震

  • 宮城県北部連続地震による建築物の被害に関する現地調査結果(速報)
  • 気象庁|地震情報
  • 宮城県北部地震、宮城県地震 - bo-sai.co.jp
  • 岩手・宮城内陸地震 - Wikipedia
  • 宮城県北部連続地震による建築物の被害に関する現地調査結果(速報)

    宮城県北部連続地震による建築物の被害に関する現地調査結果(速報) 国土交通省国土技術政策総合研究所 建築研究部構造基準研究室 独立行政法人建築研究所 構造研究グループ 2020年01月07日夕方から08日朝にかけて、関東から東北地方の内陸部で3回の地震が相次いで発生した。震源は宮城県北部、栃木県北部、茨城県南部であった。

    宮城県北部連続地震の記録 - 宮城県公式ウェブサイト

    平成16年4月5日掲載 宮城県北部連続地震の記録の構成 ※御覧になりたい項目をクリックするとその内容が開きます。 宮城県図書館 〒981-3205 宮城県仙台市泉区紫山1-1-1 TEL:022-377-8441(代表) FAX:022-377-8484 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 地震大国である我が国では、どんな場所で生活していても地震のリスクは存在し、そのための予測や対策は、国であっても民間レベルであっても怠ってはなりません。最近では、茨城県で地震や怪現象が頻発しています。茨城県での地震は首都直下型地震の予兆なのか憶測を呼んでいます。

    連続した小さい地震 - 震度3程度の地震が連続して起こると、プレートの歪が直っ... - Yahoo!知恵袋

    連続した小さい地震 震度3程度の地震が連続して起こると、プレートの歪が直ってきている兆候なのですか? 学者や専門家は地震が起きた後で いろいろ理由をくっつければいいので 今ははっきりと言い切れる人はいないでしょうね今回の... 宮城北部地震 (宮城県連続地震) 2003/7/26: 7時13分 : 38.2: 141.1: 12: 6.4: 6強: 負傷者677人 < 1 > 記事番号[1]~[5] / 記事総数[9] 5進む 【記事16356】 今回も「宮城県沖」とは別 気象庁が関連否定 内陸震源 異なる仕組み 中日新聞 2003/07/26 top 【記事16362】 宮城北部 連続地震 大地震歴ない「旭山撓曲 ...

    「北部連続地震」の概要 - 宮城県公式ウェブサイト

    地震の概要 ※ 7月26日午前0時13分頃,県内で最大震度「6弱」の大きな地震が観測されました。. 発生日時 平成15年7月26日 午前0時13分頃; 震央地名 宮城県北部(北緯38.4度,東経141.2度) 強震波形(宮城県北部) 2003年7月26日 07時13分 宮城県北部の地震 (北緯38度24.3分 東経141度10.2分 深さ12km M6.4) 2003年7月26日07時13分(震源時)、宮城県北部でマグニチュード6.4の地震が発生した。この地震で宮城県の南郷町、矢本町、鳴瀬町で震度6強を観測し ... 図-5.1 宮城県連続地震の活断層モデル 6.地震被害 (1) 各地の震度分布ならびに既往の地震被害 図-6.1~6.2に三陸南地震・宮城県北部連続地震の一 連の震央分布を示す.宮城県北部連続地震本震の各地の 震度(日本の震度階級は,平成8年2月に改訂され11

    気象庁|地震情報

    17日14時32分ころ、地震がありました。 震源地は、伊予灘(北緯33.6度、東経132.4度)で、震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は3.2と推定されます。 この地震による津波の心配はありません。 お知らせ(宮城山地災害復旧対策室の移転について)(pdf : 35kb) 美しい森林づくりのモデル的な取組「列状間伐モデル林」(pdf:586kb) 宮城北部森林管理署では、美しい森林づくり推進のため、列状間伐の推進により効率的な施業の推進に努めています。

    東北地方における過去の地震による被害

    地震 【M7.6】死者3人、負傷788人、住家全半壊501戸。道路、港湾の被害も有り。 平成15年 5月26日 (2003) 宮城県沖 (三陸南) 地震 【M7.1】負傷174人、住家全半壊23戸。震源が70kmと深いため、被害は小規模。 平成15年 7月26日 (2003) 宮城県北部 連続地震 マグニチュード5.3~6.2の3地震. 地元紙が「宮城県連続地震(リンク先:宮城県「宮城県北部連続地震の記録」)」と呼んだ、2003年(平成15年)7月26日の

    気象庁|地震情報

    【各地の震度に関する情報】震度1以上を観測した地点と地震の発生場所(震源)やその規模(マグニチュード)の情報 ー宮城県北部連続地震ー 宮城県北部に大きな被害 平成15年7月26日(土)に発生した宮城県北部地震は、震度5以上が連続する 記録的な地震となり、宮城県矢本町、鳴瀬町、南郷町、河南町等の町で約13, 400棟の住宅被害を受けました。 兵庫県南部地震も1978年宮城県沖地震も公共図書館に利用者のいないときに発生した。そのため,私たちは図書館を襲う大地震の本当の怖さを知らないともいえる。ちなみに,78年宮城県沖地震のとき,東北大学附属図書館には約250名の学生がいた。そこでは1 ...

    宮城県北部連続地震 - kurokawarika.world.coocan.jp

    深発地震では軟弱地盤地域に災害が発生し、直下型地震は震央で災害が発生するのでしょうか? このことについては、ずうっと疑問に思っていたことでした。 7.26宮城県北部連続地震 2003年7月26日午前0時13分頃、1回目の地震がありました。 宮城県北部地震 2003年 宮城県北部地震 地震の震央の位置を示した地図 本震発生日(平成15年)7月26日発生時刻7時13分31秒(jst)震央 日本 宮城県東松島市付近北緯38度24分東経141度10分(...

    北部地震による被害 - isyoubou.jp

    宮城県北部 北緯38.4度 東経141.2度: 12km: 5.6: 平成15年7月26日 午前7時13分. 6強: 宮城県北部 北緯38.4度 東経141.2度. 12km: 6.4: 平成15年7月26日 午前10時22分. 5弱: 宮城県北部 北緯38.5度 東経141.2度. 13km: 4.8: 平成15年7月26日 午後4時56分. 6弱: 宮城県北部 北緯38.5度 東経141.2 ... 宮城県建築物等地震対策推進協議会 建築物の地震対策ポータルサイト

    宮城県北部地震、宮城県地震 - bo-sai.co.jp

    2003年7月26日宮城県北部の地震の評価 平成15年7月26日の地震について地震調査研究推進本部 地震調査委員会は次のように評価を発表している 7月26日0時13分頃に宮城県北部の深さ約10kmでマグニチュード(M)5.5(暫定)の地震が発生し、宮城県で最大震度6弱を観測した。 6年前の7月26日に発生した宮城県北部連続地震は、午前0時13分に震度6弱、午前7時13分には震度6強、午後4時56分にも震度6弱と一日に3回もの大きな揺れとなった。この地震の発生は当時、活断層の旭山撓曲(あさひやまとうきょく)が動いたのではないかとされたが、その後、未知の断層である ...

    宮城県の地震活動の特徴 | 地震本部

    また、1900年の宮城県北部の地震、1962年の宮城県北部地震、2003年宮城県北部の地震では、宮城県北部を中心に震度6強~5弱の強い揺れが生じ、被害がありましたが、これらの地震に対応する活断層は見つかっていません。 過去の地震情報 震度4以上(日付の新しい順) 古くは昭和35年のチリ地震津波による災害から、阪神・淡路大震災、有珠山噴火、宮城県北部連続地震災害などに救護班を派遣したほか、地域の大きなイベントへも、万が一の場合に備えて救護班を派遣しています。

    地震情報 - Yahoo!天気・災害

    地図画像と文字で震源地、震度、マグニチュードを素早く詳しく確認できます。過去の地震も閲覧可能 2003年7月に宮城県北部連続地震がありました。2003宮城県北部地震と記録されている. 当時、地震取材で各tv局が町に来ていたりして、全国放送された。

    宮城県北部連続地震(2003年7月26日)の被害報告及び 今後の防災研究会の活動について

    宮城県北部連続地震(2003年7月26日)の被害報告及び 今後の防災研究会の活動について 被害報告資料 奥田 統朗 ㈱復建技術コンサルタント 佐藤 喜一郎 ㈱復建技術コンサルタント 宮城県北部連続地震から学んだこと . 詳細 ; 資料分類. 郷土関係論文目録. タイトル. 宮城県北部連続地震から学んだこと : ボランティアや図書館員同士の協力による復旧について) ... 出典:地震調査研究推進本部(文部科学省) ※表中注釈は加筆 出典:気象庁作成資料及び 2003年理科年表 ※1,2 「三陸南地震」、「宮城県北部を震源とする連続地震」は公式に命名されている地震名ではないが、報道等で一般に周知されている名称とした。

    宮城県北部連続地震報告 - jsce.or.jp

    2.宮城県北部連続地震の概要 7 月26 日未明から、宮城県北部(仙台市の東北部)で震度6 強、震度6 弱の強い地震に 見舞われた。今回の地震は太平洋プレートのアスピリティ(固着域)がすべった海溝型地 震ではなく、内陸部で生じた直下型地震である ... (4)宮城県沖の陸寄りで繰り返し発生するひとまわり小さいプレート間地震(宮城県沖地震)の発生確率. ひとまわり小さいプレート間地震のうち、宮城県沖の陸寄りでは、一般に「宮城県沖地震」と呼ばれるマグニチュード7.1~7.4の地震が繰り返し発生したことが知られています。

    岩手・宮城内陸地震 - Wikipedia

    岩手・宮城内陸地震(いわて・みやぎないりくじしん)は、2008年(平成20年)6月14日午前8時43分(JST)頃に岩手県内陸南部(仙台市の北約90km、東京の北北東約390km)で発生した、マグニチュード7.2 の大地震。 岩手県奥州市と宮城県栗原市において最大震度6強を観測し、被害もこの2市を中心に ... 宮城県建築物等地震対策推進協議会 建築物の地震対策ポータルサイト 地震の多い茨城県内においては、意外なことに「確実に活断層である」とされるものはこれまでに知られていません。 日本有数の大断層である「棚倉断層」は存在していますが、これは活断層ではないのです。 (棚倉断層:茨城県常陸太田市と福島県棚倉町の間を北北西から南南東方向へ通る ...

    災害対応資料集 : 防災情報のページ - 内閣府

    宮城県北部連続地震は、宮城県北部を震源とする、平成15年7月26日0時13分に発生したマグニチュード5.6の地震(「前震」)、同日7時13分のマグニチュード6.4の地震(「本震」)、同日16時56分、この日3回目の震度6弱の地震(「最大余震」)などの連続して ... 平成15年7月26日 宮城県北部連続地震 関連情報 (第2報) <(1) 旭山丘陵西縁で見られる岩盤斜面の崩壊、変状> <(2) 宮城県河南町の崩壊と土砂流動(高速長距離運動地すべり? DRI DRI Survey Report No.2 ,2003 DRI 調査レポート No.2、2003 平成15年宮城県北部連続地震 調査報告 概 要 7月26日未明から夕方にかけ三度にわたり震度6クラスの地震が宮城県北部を襲った。

    宮城県北部地震 - Wikipedia

    渡辺偉夫(1993)は羽鳥(1957)の推定を支持し宮城県沖であったとしている 。 1900年. 1900年(明治33年)5月12日、宮城県北部の小牛田村付近( )を震央として発生したM s 6.4の内陸地殻内地震 。陸前北部地震とも呼ばれる 。 平成15年7月26日に宮城県北部を震源とする連続地震 が発生し、宮城県では震度6弱以上が3回観測され、これ らの地震により負傷者675名、家屋の全・半壊約5,000 棟の甚大な被害が発生した。 震源に近い鳴瀬川では甚大な堤防被害が発生し、特に 宮城県北部連続地震関連情報(第2報) 2003年 7月26日. 宮城県北部地震による被災状況写真(第1報)(m6.4) 2001年 ...

    セキスイハイムの耐震住宅が宮城県北部連続地震で強さを実証|セキスイハイム中部

    セキスイハイムは宮城県北部連続地震で強さを実証。体験者が語る大震災の恐怖とハイムの強さ。セキスイハイムは被害救助命令が発令された5町内の約500棟中、全壊・半壊なし。耐震住宅をご検討の方に、地震対策住宅・耐震構造住宅のセキスイハイム(鉄骨系住宅)・ツーユーホーム(木造 ... 宮城県北部連続地震および大雨の影響により被災されたお客さま に対する電気料金等の特別措置について 平成15年7月28日 このたびの宮城県北部で連続して発生した地震および大雨の影響により、被災されたお客さまに心からお見舞い申しあげます。 当社は、この地震および大雨により災害救助 ...

    宮城県北部連続地震(2003年7月26日) | 災害カレンダー - Yahoo!天気・災害

    2003年7月26日に起こった「宮城県北部連続地震」に関する記録を掲載しています。「災害カレンダー」では、自然の脅威をとらえた写真や惨状を伝える新聞紙面、被災体験者の証言や専門家の助言などを共有しながら、皆さんと一緒に災害への備えを考えます。 今回の宮城県北部を震源とする連続地震のうち、7月26日0時13分に発生した地震では、鳴瀬町役場に設置された計測震度計で、 東西方向の最大加速度が、2,000gal以上という非常に大きな地震動が観測されました。同日7時13分の地震におけるこの地点での観測 ... 6/14 岩手・宮城内陸地震 (岩手県内陸南部でm7.2の地震。宮城県栗橋市で最大震度6強を観測した) 7/24 岩手沿岸北部を震源とする地震 7/28 7月28日からの大雨災害 8/28 8月28日からの大雨災害

    宮城県沖・北部地震 [2003年]|災害と緊急調査|産総研 地質調査総合センター / Geological ...

    2003年7月26日 宮城県北部 震度6強の地震 地質図からのアプローチ:[速報] 2003年07月26日 開設 2003年7月26日午前0時13分頃、宮城県北部を震源とするマグニチュード(M)5.5、最大震度6弱の地震を皮切りに、 午前7時13分頃にはM6.2、最大震度6強(本震)、午前10時52分にM5.1、同5弱、午後4時56分にはM5.3 ... 震度6クラスの揺れが一日に3度も襲った連続地震。 震度6クラスの地震が一日に3度発生するという前代未聞の震災が、宮城県北部を襲いました。直下型地震に襲われた矢本町では、家の倒壊のほか、地面の地割れや崩壊も各地で起きました。



    地震の概要 ※ 7月26日午前0時13分頃,県内で最大震度「6弱」の大きな地震が観測されました。. 発生日時 平成15年7月26日 午前0時13分頃; 震央地名 宮城県北部(北緯38.4度,東経141.2度) 渡辺偉夫(1993)は羽鳥(1957)の推定を支持し宮城県沖であったとしている 。 1900年. 1900年(明治33年)5月12日、宮城県北部の小牛田村付近( )を震央として発生したM s 6.4の内陸地殻内地震 。陸前北部地震とも呼ばれる 。 平成16年4月5日掲載 宮城県北部連続地震の記録の構成 ※御覧になりたい項目をクリックするとその内容が開きます。 2003年7月26日に起こった「宮城県北部連続地震」に関する記録を掲載しています。「災害カレンダー」では、自然の脅威をとらえた写真や惨状を伝える新聞紙面、被災体験者の証言や専門家の助言などを共有しながら、皆さんと一緒に災害への備えを考えます。 宮城県北部連続地震は、宮城県北部を震源とする、平成15年7月26日0時13分に発生したマグニチュード5.6の地震(「前震」)、同日7時13分のマグニチュード6.4の地震(「本震」)、同日16時56分、この日3回目の震度6弱の地震(「最大余震」)などの連続して . 宮城県北部連続地震(2003年7月26日)の被害報告及び 今後の防災研究会の活動について 被害報告資料 奥田 統朗 ㈱復建技術コンサルタント 佐藤 喜一郎 ㈱復建技術コンサルタント 岩手・宮城内陸地震(いわて・みやぎないりくじしん)は、2008年(平成20年)6月14日午前8時43分(JST)頃に岩手県内陸南部(仙台市の北約90km、東京の北北東約390km)で発生した、マグニチュード7.2 の大地震。 岩手県奥州市と宮城県栗原市において最大震度6強を観測し、被害もこの2市を中心に . また、1900年の宮城県北部の地震、1962年の宮城県北部地震、2003年宮城県北部の地震では、宮城県北部を中心に震度6強~5弱の強い揺れが生じ、被害がありましたが、これらの地震に対応する活断層は見つかっていません。 【各地の震度に関する情報】震度1以上を観測した地点と地震の発生場所(震源)やその規模(マグニチュード)の情報 地図画像と文字で震源地、震度、マグニチュードを素早く詳しく確認できます。過去の地震も閲覧可能 17日14時32分ころ、地震がありました。 震源地は、伊予灘(北緯33.6度、東経132.4度)で、震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は3.2と推定されます。 この地震による津波の心配はありません。